アニメ声の美少女に囁かれながら射精するASMR体験VR|胡桃さくら 横宮七海

3P・4P(ハーレム、乱交)巨乳
VR作品がセール中!!

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海』のレビュー

こんな人にオススメ

  • アニメ声で囁かれながら美少女とエッチするASMR体験をしてみたい。
  • 後輩女子にイジられたい。
  • 終始密着して、可愛い顔を近くで見たい。
  • アドリブっぽいやり取りも楽しみたい。
  • 胡桃さくらさん、横宮七海さん好き。
  • (参考情報)主人公の呼称:せんぱい

作品情報

配信開始日:2023/07/23
収録時間:106分
出演者:胡桃さくら 横宮七海
監督:ZAMPA
シリーズ:kawaii*VR
メーカー:kawaii
レーベル:kawaii* VR
品番:kavr00302

作品内容

後輩の胡桃さくらさんと横宮七海さんから、ASMR配信をするための練習台になって欲しいと頼まれた僕。
耳元でのエッチな囁きに興奮して勃起してしまいますが、練習台になったお礼にと、ふたりから気持ちよくさせてもらい・・・。
美少女ふたりと終始密着して、アニメ声で囁かれるASMR体験に興奮しっ放しでした!
ネタバレしたくない方は「感想・まとめ」へ

チャプター1 (43分24秒)

部室らしき部屋(設定不明)にいると、後輩のさくらさんと七海さんから声をかけられます。

初めて聴いたASMR動画に感動して、ASMRの動画配信チャンネルを開設したいんだとか。
しかもエッチなやつ・・・。
ふたりとも美少女でアニメ声。目の前で喋ってるだけでもドキドキします。

さくら「まだわたしたちしたことないから、先輩に練習台になってもらおうかと思って」
七海「やってみよ」

先輩ながら、エロASMRの練習台に使われるぐらい気軽な関係が心地良い。

目の前に美少女ふたりが座る。めちゃかわいい。
七海「顔赤くなってきてるよ」
さくら「もう赤くなってるの?早いよ」

イジられる。

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

早速、ふたりが代わる代わる耳元で囁きます。
最初は食べたい物(「うどん」とか「めんたいこ」)とかエロくない言葉を囁きますが、徐々にエロいことを囁き始めます。

(耳元)七海「おっぱい」
(耳元)さくら「お尻」

さらに胸のカップ数とか、好きな体位とか・・・。
ふたりは完全着衣ですが、色々と想像させられてしまう・・・。
さくら「先輩、赤くなり過ぎ(笑)絶対想像してるでしょ」

どんどん過激に。
(耳元)七海「赤ちゃんのお部屋、トントンして
(耳元)さくら「わたしと一緒に赤ちゃんつくりましょ」

七海さんが照れて言えずにやり直すとか、ふたりとも照れちゃうのが可愛い。

さくら「ん?なんで押さえてるんですか?お腹痛いの?」
さくら「手どけて・・・先輩・・・ちょっと・・・どうしよう・・・」
七海「すごいことになってるね」

そりゃあチンコも勃つ。

さくら「練習台になってくれたから気持ちよくしてあげてもいいよ」
七海「そうだね、お礼しないとね」



・・・ふたりとの間にあった机をどけて、ふたりがより近くに。
(耳元)さくら「普段からわたしたちふたりのこと考えておちんぽシコシコしてるんですか?
(耳元)七海「わたしたちのことエッチな目で見てたんでしょ」

身近な後輩にそんなこと言われるとドキドキする・・・。

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

シャツの上から→シャツを脱がして直接僕の乳首を弄る。

(耳元)七海「先輩、ペロペロしてあげるね」
ふたりで乳首舐め
(耳元)さくら「先輩、興奮し過ぎ。普段女の子にこういうことされることないんでしょ」
(耳元)さくら「ずっとこうされること想像してオナニーしてたんでしょ」

さくら「ちんちん出しちゃおっか」
七海「だってもうここ苦しいでしょ」

ズボンとパンツを脱がされる。

七海「すごい」
ふたりでチンコをツンツン。
七海「うさぎさんみたいなおちんちんですね。ぴょこぴょこなって。かわいい」
七海「シコシコするね」

七海さんにシゴかれ、さくらさんに囁かれます。
(耳元)さくら「いつも先輩どんな風にオナニーしてるのかな。わたしたちのこと考えていっぱいシコシコしてるんでしょ」

ふたりでシコシコ。

さくら「ちんちんもナメナメして欲しいの?」
交代でひとりが囁き、もうひとりがチンコを舐める。

さくらさんがフェラ、七海さんが乳首舐め

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

さらに、ふたりがこちらを見上げながらチンコを舐めてくれる。

七海「ふたりでもっと頑張っちゃおうかな」
ふたりが繋いだ手でチンコを包み込んでシコシコ。
同時に囁き、耳舐め。

(耳元)さくら「先輩、もしかしてもうイキそうなんですか?」
(耳元)七海「いっぱいドピュドピュして」
(耳元)さくら「いっぱいドピュドピュぶちまけて」

そのまま手の中で発射

配信に向けてもっと練習したいとふたり。
ホテルで練習することに・・・。
七海「みんなには内緒だよ」
さくら「内緒だよ」

めちゃかわいい。

チャプター2 (35分43秒)

・・・ホテル。ベッドで座っていると、ふたりが現れます。
第一弾の配信用衣装らしいですが、過激・・・。でもめちゃ可愛い!

さくら「今日も練習台になってもらうからね」
ふたりがお互いの身体を見て、褒め合う。それだけで既にエロい。

ふたりが後ろを向いて立ち、目の前でお尻を見せてくれる。
七海「触ってもいいよ」
両手でふたりのお尻を揉む。

正面を向き、
さくら「ふわふわのおっぱい触りたいんだ」

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

ふたりのおっぱいを揉む。
さくら「気持ちくてエッチな気分になる・・・」
ふたりとも興奮してきた様子。

「気持ちいい」とか、ハァハァしながら囁かれるのがすごくエロい!

さくらさんのおっぱいを直接揉み、乳首を弄る。
さくら「下も・・・舐めて欲しいな」

さくらさんが立ち上がり、目の前のパンツの上からマンコを触る。
さくら「直接触って」
パンツをずらし、直接触る。
七海「すっごい綺麗なオマンコだね」
めちゃ見てる。

七海さんがおっぱいを出し、グッと近づける。
目の前のおっぱいを揉み、乳首を弄る。
めちゃ乳首を寄せてくれます。

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

七海さんが立ち上がり、パンツをずらして目の前でマンコを見せてくれます。
直接マンコを触る。

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

さくら「わたしのも触って」
ふたりのマンコを弄り、指を入れます。

七海「イッちゃいそう・・・イク・・・」
さくら「わたしもイキそう・・・イク・・・」


七海「耳舐められながらさわさわされたいの?」
さくらさんが耳舐め、七海さんがチンコをさわさわ。
僕がふたりのおっぱいを揉む。

ふたりで耳舐め乳首舐め
交代で囁いてくれます。

七海「また勃起してるー」
さくら「カチカチになったおちんちんどうして欲しいの?」
さくら「いっぱいナメナメされたいんだね」

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

僕のズボンとパンツを脱がし、ふたりでチンコを舐めてくれます。
(耳元)さくら「なんかわたしまで疼いてきちゃう」
ふたりが交代でフェラと囁き・耳舐め

ふたりに手コキしてもらいながら、おっぱいを触ります。

(耳元)七海「もしかして・・・わたしたちとセックスしたいの?」
七海「ウチらとセックスしたいんだって」
さくら「練習台なのにセックスしたいの?ヤバいー」

この扱い(笑)

七海「けっこう反応もいいし、いいおちんちんしてるし・・・」
さくら「しちゃう?」
(耳元)七海「じゃあしちゃおっか」

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

じゃんけんで順番を決めるふたり。かわいい。
勝ったさくらさんとキス。

チャプター3 (26分35秒)

さくらさんとベロキス。
さくら「先に挿れちゃうよ」
パンツを脱ぎ、対面座位で挿入。顔が近く、密着感があります。

さくら「すごい硬くて気持ちいい」
七海さんが耳舐めしたり、囁いたりしてくれます。
さくら「イキそう・・・イクイクイク・・・」

さくら「ねぇ、中出して、中出して」
七海「七海の分も残しといてね」

中出し

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

七海「次は七海の番ね」
七海さんもパンツを脱ぎ、対面座位で挿入。
顔と声でビシビシ興奮させられる。

七海「あ・・イッちゃう・・・あ、イク・・・」
さくらさんが耳元で囁いてくれています。
七海「七海の中にもこのまま出して」
中出し

さくら「まだ足りなくない?」
七海「もっとしよ」



・・・僕が仰向けになり、ふたりがシコシコしながら乳首舐め
どちらが先に挿れるか、アニメ声で言い合いしますが、七海さんが譲ります。
さくら「ありがと」
平和。

さくらさんが騎乗位で挿入。

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

七海さんが耳舐め、囁き。
さくら「腰止まんない。すごい気持ちいい」

【VR】Wアニメボイスで脳イキ連続射精!後輩たちのハーレムASMRの練習台になったボクVR 胡桃さくら、横宮七海

スパイダー騎乗位
さくら「待って・・・イッちゃうイッちゃう・・・イク・・・」
さくらさんがイくと同時に中出し

七海「七海とももう1回しよ」
スパイダー騎乗位
覆い被さり、顔が近い。

(耳元)七海「先輩のおちんちん、クセになっちゃいそう」
僕が突き上げる。
七海「イキそうなの?いいよ出しても」
七海「もう1回中出しして」

中出し

さくら「いっぱい気持ちよくしてくれてありがとう」
さくら「次の練習は明日かな」
七海「明日もどうせ空いてるでしょ」
さくら「またいっぱい気持ちよくなろ」

感想・まとめ

タイトルにある「ASMR」とは・・・

ASMR(英: autonomous sensory meridian response)は、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地よい、脳がゾワゾワするといった反応・感覚。正式、または一般的な日本語訳は今のところ存在しないが、自律感覚絶頂反応(じりつかんかくぜっちょうはんのう)という意味である

Wikipediaより引用

視覚、聴覚への直接的な刺激で脳がゾワゾワするような感覚。
以前、同じく胡桃さくらさんの作品レビューでも言及していました。

このレビューを書くまでに通しで2回観ましたが、映像が無かったとしても、音声を聴くだけでも興奮させるような作りだと感じました。
ふたりのアニメ声でのエッチな言葉から場面を想像させられて興奮し、さらに耳元で囁かれることで、まさにゾワゾワする感覚があります
そして目の前では、美少女ふたりと終始密着してのエッチが繰り広げられ、視覚的な刺激も充分。
特に、耳元に顔を寄せて囁く場面は視覚・聴覚両方からゾクっとさせられます。
最初のシーン(チャプター1)で完全着衣だったふたりが、ホテルのシーン(チャプター2以降)で一気に刺激的な衣装になるのも視覚効果を感じられます。

ふたりが後輩であること以外の設定が謎なのですが、作中でのやり取りから感じられるふたりとの関係性が良いです。
「どうせ予定なんてないでしょ」とか「練習台のくせに」とか、先輩ながら気軽な扱いをされ、イジられるのが面白いし、妙に心地良い
本当にふたりが近い存在のように感じられ、そんな関係の娘から「エッチな目で見てる」だの「わたしたちのこと考えてシコってる」だの言われたら、もう図星過ぎて興奮します(性癖)。
そして散々イジられながら、セックスになるとふたりをイカせまくる快感。
体位はそれぞれ対面座位と騎乗位のみですが、感じている顔を目の前で見ながらの、アニメ声での喘ぎや囁きが堪りません
また、ハーレム状態ながら、ふたりが僕を取り合うのではなく譲り合う様子に、ふたりの関係性や人柄が表れているようで、心地良くさせてくれます。
「練習」と言う通り、照れて囁き切れなかったり、アドリブっぽいやり取りがあるのも楽しめました。

サンプル動画視聴・作品購入

この作品もおすすめ!