東條なつ VR|女刑事が激しい玩具責めでイカされまくって快楽堕ち

レイプ
VR作品がセール中!!

作品名 : 発狂快楽肉人形 東條なつ

こんな人にオススメ

  • 優秀な女刑事が捕まって、イカされまくって快楽堕ちするシチュエーションはアリ。
  • 自分の後輩が目の前でイカされまくるのを見て興奮する。
  • 色っぽい喘ぎ声(叫び声)を聞き、イキ顔を何度も見たい。
  • 強い女性が快楽堕ちさせられて、自らセックスを求める変化に興奮する。
  • ドリルバイブなどを使った激しい玩具責めを見たい。

作品情報

配信開始日:2022/07/27
収録時間 :126分
出演者  :東條なつ
監督   :キクボン
シリーズ :RED BABE VR
メーカー :BabyEntertainment
レーベル :RED BABE VR
品番   :vrrb00004

作品内容

優秀な後輩刑事の夏美さん(東條なつさん)と一緒に、密売組織のアジトに乗り込んだ僕でしたが、敵の罠にかかってふたりとも捕まってしまいます。
僕の目の前で激しい玩具責めを受け、屈辱と羞恥の表情で何度もイカされる夏美さん。
最後には快楽堕ちして・・・。
大迫力の玩具責めで、イキまくる東條なつさんがスゴい。嫌悪と羞恥の入り混じった表情、色っぽい喘ぎ声(叫び声)、イキ顔に激しく興奮させられます。
ネタバレしたくない方は「感想・まとめ」へ
動画を見る>>【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

チャプター1

冒頭、紹介と状況説明。
敏腕女刑事の夏美(東條なつさん/以下、夏美さん)とグータラな先輩の僕は、2人で密売組織のアジトに潜入ー

真っ暗な画面。
「せんぱい、音出さないで下さいよ」
「このドア、怪しいですね。入りますよ」

「ちょ・・・早く。怖いんですか?」
早速、ダメ先輩ぶりが印象付けられます。

ドアを開け、入っていく足音。
ーVR映像。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

ビビっている僕を引っ張る感じで、夏美さんがその辺の棚を調べます。
調べるうちに、怪しい箱を発見した夏美さん。
中から白い粉を発見。
「他にも無いか調べてみます」

いつ敵が出てくるのかドキドキしながら夏美さんを見守っていると、物音とともに敵が出現。
一人かと思いきや三人いて、敢え無く捕まってしまいます。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

夏美さんは格好良く拳銃構えたりするんですが、僕は何をしていたんだ・・・。
挙げ句、僕の無線が傍受されていたようで、情報が筒抜け。
何も出来ないまま、手錠をかけられてしまいます。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

・・・僕が椅子に座らされ、目の前で夏美さんが男2人に挟まれてます。

夏美「なにするの?」
敵A「まずはストリップだよ。美人女刑事とな」
夏美「するわけないでしょ!」
敵A「いいのかなぁ。こいつがどうなっても」
僕に銃口を向ける。
敵A「脱げよ。色っぽく、艶っぽくだぞ」

仕方なく、スーツ、スカート、ブラウス・・・と脱いでいきます。
夏美さんの、羞恥と屈辱感の混じったような表情がいいです。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

敵A「よく見ろ、お前のかわいい後輩美人女刑事の下着姿だ」
敵が後ろを向かせると、Tバック!

ストッキングも脱がされます。
夏美「見ないでください、先輩」
僕への羞恥心が見て取れるのがいいです

敵Bがストッキングの匂いを嗅ぐと、「やめて!!」
表情がいい。

さらに、僕に近づかされて、目の前でブラジャーを外されます。
僕から目を逸らす夏美さん。いい。
終始敵3人の言葉責め(セクハラ発言)があり、夏美さんが嫌悪の反応をするのもいいです

パンツも脱がされます。
こちらを見て、
見ないでください・・・先輩
いい!
パンツが湿っていると、敵Bがこちらに見せてきます。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

嫌悪と羞恥の溢れる表情。いいです。

敵が白い粉を出してきて、夏美さんに無理やり舐めさせます。
即効性があるクスリのようで、すぐにハァハァし始める夏美さん。
敵A「よく見ろ。お前の後輩美人女刑事の乳首がどんどん変化してるぞ」
乳首をめちゃめちゃ近くで見せつけられる。
夏美「見ないでください」

僕に対面する形で、夏美さんを椅子に座らせる。
二人がかりで股を開かされ、僕にマンコが丸見えの状態。
敵B「どの辺がお好きですか?」
敵A「性感チェックといきますか」


二人で股をさわさわ。
夏美「いや・・・」
ビクビクっと反応。
夏美「先輩、見ないでください」
三人で体中を撫で回す。
夏美「やめて!!」

敵A「せんぱーい、見てくださーい」
二人でマンコを広げる。
敵A「先輩、フル勃起だったらどうする?」
夏美「そんなワケないでしょ!」
敵A「確かめてみろ、お前の足で」


夏美さんの足を掴んで、無理やり僕のチンコを触らせる。
実際に触るところは画面に入りませんが、夏美さんの嫌がる顔がいいです
敵B「どうなってる?」
夏美「知らないわよ!」


敵が筆を持ってきて、1人2本ずつ、計6本で全身をさわさわ。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

夏美「いや・・・ん・・・やめて・・・」
体が敏感になっているようで、感じているような反応。。
夏美「見ないでください」

でマンコをさわさわ。
反応が大きくなります。
夏美「あぁ・・・ダメ・・・」
いい声。興奮します。

電マと、小さなローターを出してきて、乳首とマンコを責める。
夏美「やめて・・・いや」
夏美「あぁ、ダメ・・・やめてぇ」
声が色っぽくなってくる。顔と声でめちゃめちゃ興奮します。

ビクンと反応し、
敵B「黙ってイッてるだろ」
夏美「イッてない・・・」

電動歯ブラシを出してきて、マンコに当てる。

電マと電動歯ブラシを一斉にマンコへ。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

夏美「もうやめて・・・いや・・・」
叫ぶような声。
ビクッビクッと反応。

何度もやられて、
夏美「もうやめて・・・」
ぐったりしますが、尚も責められる。
夏美「あぁ・・・イっ・・・」
夏美「もうイッてるって・・・やめて・・・


敵B「じゃあちょっと休憩しろな」
敵が一旦その場を去ります。
夏美「先輩・・・見ないでください・・・」

チャプター2

目の前に裸で立ったまま縛られ、片脚を吊り下げられている夏美さん。
敵3人が来ます。

ドラッグを溶かした特製オイルを出してきて、3人で夏美さんの体中に塗りつけます。
敵A「またまた敏感になっちまうぞ」
夏美「いや・・・」

乳首を触られて反応。
夏美「先輩、見ないでください」

段々と声が色っぽくなり、時折目が合うのもいい
敵が、先っぽにイボのついた電マを出してきて、6本を体中に当てられます。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

敵A「先輩の顔を見ながら悶え苦しめ」
夏美「やめて・・・」

電マを乳首とマンコに当てられ、激しく反応。

マンコに6本全部当てられ、
夏美「ダメ・・・イク、イク」
夏美「イッてるから、やめて」

この調子で何度もイかされます。
夏美さんが激しく感じながら、時折こちらを見るのが堪りません

敵Aが手でマンコを触り、そのまま指を挿れる。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

夏美「やめて・・・抜いて」
イッても繰り返すと、潮が飛びます。
夏美「見ないで、先輩・・・」

交代して、敵Bが指入れ。
何度もイカされ、さらに指入れと電マ4本をマンコへ。すごい。
夏美「いやぁ・・・見ないで・・・」
夏美「イッちゃう・・・イク」


敵A「もっといいのが入るぞ。お前のマンコに」
バイブを持ってきます。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

敵B「先輩のと比べてどう?見たことある?」
夏美「ないわよ!」

まだ強気。

バイブを挿れられると、
夏美「やめて・・・見ないで、先輩」
バイブを挿れたまま、電マ4本をマンコに当てる。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

夏美「動かさないで、ダメぇ」
夏美「イッちゃう・・・イクイク」
夏美「もう・・・イッてるから・・・やめて」

何度もイカされます。

止めると、ビクンビクンしながらハァハァ。
敵A「まだまだお前にいいもの見せてやるからな。楽しみにしておけ」
ぐったりしている夏美さん。

チャプター3

夏美さんは、ソファの上で縛られた状態。
僕が正面ではなく、横から見ています。その分、顔が近め。

敵A「愛しの先輩に、この後は参加してもらおうか」
敵が僕の手錠を外す。
敵A「お前もしっかり触るんだよ」
手を叩かれ、誘導されて一緒にオイルを塗る。

夏美「先輩・・・やめてください・・・
控えめに触っていた僕ですが、敵に促されて段々と手の動きが激しくなります。
乳首とマンコを触る。
夏美「やめて、先輩」
敵B「先輩、調子乗ってきた(笑)」

夏美「あ・・・ダメ」
夏美「ダメそこ・・・先輩」

こちらを見ながら言うので興奮します。

敵が、特殊な形状のバイブを持ってきてマンコに挿れます。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

僕は、夏美さんの脚を抑えながら乳首を触る係。
夏美「ああっ・・・だめ」
僕もマンコを触る。

バイブの振動を強くして、出し入れもする。
夏美「だめぇ・・・出ちゃう」
潮が飛ぶ。
夏美「あぁ・・・イっく・・・」
目の前のイキ顔に興奮!

何度もイカされますが、まだまだ終わらない。
敵B「次だよ」
出ました!電動ドリルバイブ

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

挿入され、すごい回転数で動くバイブ。
夏美「あぁ・・・イクぅ・・・」
夏美「もうイってるからやめて!」

首を振って叫び、何度もイカされます。

ドリルバイブのディルド部分を太くして、また挿入。
夏美「あああっ」
叫びながらイク。
敵B「お前もやれ」

夏美さんを正面から見るアングルに変わり、僕がドリルバイブをマンコに挿入。
夏美「だめ、先輩、やめてください」

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

夏美「だめ・・・イッちゃいます・・・イクイクイク」
イッてもまた挿れて、何度もイかせる。
夏美「イッちゃう、先輩・・・」
もう叫び声。
お尻の下のソファはびしょ濡れ。

敵が、ディルド部分が長くて動きの激しいバイブを持ってきて、また僕にやらせます。
敵A「さぁ挿れろ」
夏美さんが暴れて、すぐに抜けちゃいますがまた挿れる。
夏美「いやぁ!」
夏美「イクイクイク・・・」

すごい声。

夏美「やめて・・・もう・・・先輩」
何度もイカせて止めると、夏美さんはもうぐったり。
夏美さんから、快楽堕ちてしまったことを思わせるセリフ

チャプター4

夏美さんと僕が、ふたりで部屋に閉じ込められているようです。
裸でぐったりしている夏美さん。
僕は座っています。

敵B「よう、先輩。もう出来上がっちゃってるみたいだからよ、こっからはお前さんにやらせてやるから、せいぜい2人で楽しんでください」

二人きりになると、夏美さんが起き上がり、
先輩、一緒に愛し合いましょう

冒頭の夏美さんからは信じられない変わり様に、めちゃめちゃ興奮します
まずはノーハンドフェラ

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

エッチなセリフを挟みながら、長めのベロキス。
夏美「もっと愛しあいましょう」

対面座位で挿入。
「気持ちいい・・・あん・・・イキそう」
「もうだめ・・・おかしい・・・」

覆い被さり騎乗位→スパイダー騎乗位
感じている夏美さんの顔がすごく近い。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

「もっとしましょ」
バック

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

「いっぱい突いてください、先輩」
「あぁ・・・もっと・・・」
こちらを振り返って見つめ合い、夏美さんも腰を動かす。
「イッちゃう・・・イク」

覆い被さり正常位
地面特化アングルなので、顔が近めで視線を下げると脚の方まで見通せます。

【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

「ねぇ先輩、わたしの目、ちゃんと見て下さい」
イキ顔が堪りません
夏美さんからのキスが入り、
「先輩、今度は一緒にイキましょう」
「先輩の愛、いっぱい出して」
中出し。

ラストシーン。
あれ?イチャラブでしたっけ・・・?

動画を見る>>【VR】発狂快楽肉人形 東條なつ

感想・まとめ

RED BABE VRの4作目。
過去、渚みつきさん深田結梨さんの作品を観ており、3作品目の視聴です。
過去2作品は、他のVR作品とちょっと違う独特の作りになっている部分があり、レビューでも取り上げました。
今作も、過去作と変わっていたり、特徴的と感じる部分があったので、おすすめポイントと合わせて紹介します。

1.主人公参加型になっている
配信カメラ視点、縛られて見ている後輩視点など、これまでは拷問されるのを見ているだけでしたが、今作では途中から自分も参加します
そして、なつさんからこちらに向けたセリフ(「見ないで」とか「やめて」)が多いので、作中に入り込めている感じがあります
なつさんが僕を意識して羞恥の表情を見せるのは前作同様で、これがすごくいい。
過去作では、最後は敵視点でセックスをしますが、今作は快楽堕ちしたなつさんと自分がセックスできます。
冒頭からの変化を見てきているので、快楽堕ちして自らセックスを求めるなつさんに、すごく興奮させられました。
「愛し合いましょう」って言ってるところを見ると、先輩である僕に元々好意があったのかも。イチャラブかと思うようなラストシーンにも注目です。
また、過去作では自分(セックスシーンでは敵視点の自分)が喋っていましたが、今作はそれがありません。

2.冒頭の導入部分が少し厚めになっている
ふたりで密売組織のアジトに乗り込み、敵に捕まるまでのシーンがしっかり体験でき、なつさんとの関係性が刷り込まれるので、その後の展開に気持ちを入れやすいです。

3.見せ方(アングル)
セックスシーンを含めて、全体的に顔が近めの印象。特にチャプター3のソファのシーンで、なつさんを正面ではなく横から見るアングルになっていたことで、
色っぽい喘ぎ(叫び)声と表情を近くで見られてめちゃめちゃ興奮しました。

4.なつさんが早々にイキまくる
過去作では、ずっとイクのを我慢して拷問の最後のほうで、とうとうイカされてしまうという流れでしたが、今作は早い段階でなつさんがイき、それを自分で言っちゃいます。
ただ、快楽墜ちしてる訳じゃなく、嫌がりながら無理矢理イかされるので、それがまた堪りませんイッてすぐ追撃が何度もあり、イく回数がめちゃめちゃ多いくて、色っぽい喘ぎ声と表情、イキ顔を思う存分堪能できました

5.大迫力の玩具責め
電動ドリルバイブなどを使って、喘ぎ、叫ばせる大迫力の玩具責めシーンは健在です。
今作は自分参加型になったからか、間延び感がなく、テンポ良く展開していく感覚がありました。
また、終始敵からの言葉責めを受け続けるのも前作同様で、なつさんの嫌悪感や羞恥心を引き出しています。

シチュエーションに抵抗がなければ、同シリーズの視聴経験の有る無しに関わらずおすすめしたい作品です!

サンプル動画視聴・作品購入

FANZA

オススメ記事

コメント