唯井まひろVR/没入感と臨場感のあるレイプVR

FANZAでセール中!!

作品名 : 衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

こんな人にオススメ

  • レイプもの好き。
  • シチュエーション重視。
  • VRは臨場感が大事。
  • レイプものでは最後まで女性に嫌がって欲しい。

作品情報

配信開始日:2021/09/06
収録時間 :48分
出演者  :唯井まひろ
監督   :井上ジャパン
メーカー :SODクリエイト
レーベル :SODVR
品番   :13dsvr01009
(Adult Festa VR) 衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

作品内容

親友の彼女唯井まひろさんをレイプしてしまうVR。友達を犯すというシチュエーションに至るまでの段階が、作中できっちり踏まれていて没入感の高い作品です。
ネタバレしたくない方は「感想・まとめ」へ

チャプター1 (12分34秒)

冒頭、お店(スーパーかな)の前で立っている僕。
「おまたせー」
お店の出入り口から現れる唯井まひろさんと彼氏(僕の親友)。
3人で宅飲みするための買い出しだったようです。

2人の住む家まで、腕を組んで歩く2人。それを後ろから見ている僕。
部屋の前で彼氏がまひろさんに抱きついたり、目の前でイチャこく2人・・・。

シーン変わり、部屋の中。
「飲み直し~」とまひろさん。
もう飲めないと、ベッドに横たわる彼氏。構わず乾杯。
「もう無理」と言う彼氏をツンツン突っつくまひろさん。
そんなまひろさんのお尻を凝視する僕(画面がお尻の方に動いている)。
ことあるごとに、画面(=僕)がお尻を追います。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

彼氏のお腹を突っつくまひろさん。
「プニプニだねぇ・・・」
「それに対して・・・めちゃくちゃマッチョ」

僕のお腹を触るまひろさん。僕はかなり鍛えているようです。
「すごーい」
顔が近い。ほんとにドキドキする。

「これやってほしい」とハンドグリップ(握力鍛えるやつ)を持ってきます。
まひろさんが全然出来ないというハンドグリップを、あっさり握り締める僕。
「すごーい。どうなってるの、これ。すごいね」
僕の腕をさわさわしてきます。さっきからボディタッチ多め。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

「あれ?もしもーし、もしもーし」
「あれ、寝ちゃった」

ここで彼氏が熟睡。
「2人で飲む?」
「ちょっと、なんか緊張するね」
そういうこと言うから・・・。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

2人で飲み直し。
いつも彼氏に振り回されているというまひろさんと僕。
「でもほんとはいいやつなんだよ」
彼氏と一緒にまひろさんの親に挨拶に行った際のエピソードを交え、彼氏を褒めるまひろさん。
これ、僕の立場だとすごく難しい。。。

「わたし飲みすぎたかも。おしっこ行きたくなっちゃった」
股を押さえて部屋を出ていくまひろさん。股押さえるとか、「おしっこ」とか・・・。完全に「友達」。

まひろさんが出ていったあと、部屋に置いてある洗濯物のカゴに目をやる僕。
誰も見ていないのをいいことに、洗濯物を漁り、まひろさんのパンティを取り出します。
パンティを凝視・・・。

チャプター2 (18分41秒)

シーン変わり、彼氏もまひろさんも寝ています。手を繋いで・・・。
1人起きている僕は、まひろさんの方に近づき、ふくらはぎ、腿と軽く触る。
起きないことを確認するとさらに近づき、まひろさんのTシャツの袖の隙間から、胸を覗きます。
それでも起きないことを確認し、後ろに回る。画面が動くので、思わずこちらも同じように動いてしまうw

ホットパンツを捲って、お尻を凝視。
段々と行為がエスカレートしてきて、僕がムラムラしているのが実感として分かります。
恐る恐るお尻を揉み、今度は顔の方に近づき、頬を撫でます。やっぱりかわいい・・・。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

シャツを捲くろうとすると、寝返りを打ったまひろさんがクッションの上に仰向けに。
ブラジャーまで出している無防備な状態。これはまずい。
なんと、いきなりパンツを脱ぐ僕。

まひろさんの足を掴み、チンコに擦りつけます。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

チンコ擦りながらも、気になってついつい彼氏の方を伺ってしまうw。
一通り終えると、まひろさんに近づき、ブラジャー越しにおっぱいを揉みます。
さらに、ブラを捲くり、乳首を触る・・・と、目覚めるまひろさん。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

「ちょっと・・・何してるの?」
手でまひろさんの口を塞ぎ、体で抑え込んでおっぱいを触る僕。
まひろさんが彼氏を起こそうとしますが、捕まえて遮ります。
「いや・・・やめて・・・」

四つん這いで逃げようとするまひろさんを捕まえ、お尻を揉む。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

「やめて、やめて・・・」
クッションを投げたりして抵抗しますが、僕の力には全く敵いません。
「ちょっと、やめて・・・もうやめて」
「ちょっとなにすんの?なにすんの?」
ブラとホットパンツを脱がせて、おっぱいとマンコ(パンティ越し)を同時に触る。

さらにパンティを脱がせて、マンコに指挿れ。
「やめて・・・うっ・・・起きて、起きて!」
「いやーーー、あぁーーー、かずまくん(=彼氏)助けて!」
彼氏は起きない。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

まんぐり返しでクンニし、再度指をマンコに。激しく掻き回します。
「いや、いや、いや、いやーーーー」かなり大きい声。
マンコから抜いてびしょびしょになった指を、まひろさんの口に。

まひろさんの腰あたりに跨り、おっぱいを揉みくちゃに。
「もうやめて、もうやめて・・・」
そのまま、まひろさんの口にチンコを突っ込む僕。
激しく腰を動かすと、苦しそうなまひろさん。
さらに、まひろさんを起き上がらせて、イラマ。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

かなり激しく動かします。倒れ込んでもまた起こして、イラマを繰り返す。
すごい暴走ぶり・・・。
とてもさっきまで仲良く飲んでいた相手だとは思えない・・・。
まひろさんの顔に近づき、キス。涙が出ている。

チャプター3 (16分50秒)

執拗にイラマを繰り返す僕。
激しく動かしたと思ったら、そのまま口内発射。
口からザーメンを垂らすまひろさん。

僕が顔を近づけると、怯えと嫌悪の入り混じった表情。迫真。
「やめてください・・・」か細い声。
まひろさんを押し倒し、正常位で挿入。
「ねぇ、友達でしょ、友達じゃないの?」これ、核心。すごく胸に刺さる。
「ねぇやめて、お願い。友達でしょ。抜いて」

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

チンコを抜いて逃げ出そうとするも、すぐに捕まり、バックで挿入。
「いやだ、、やめて、お願い」
ティッシュ箱を投げつけたりして抵抗。
まひろさんの体を反転させ、再度正常位。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

放心したような状態、生気のない表情で、
「やめて、、お願い、、」
「もうやめて、お願い」とうわ言のように繰り返す。

ふと我に返ったように立ち上がりますが、そのまま立ちバック。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

そしてベッドに寄りかかってのバック。
「もういやだ・・・こんなのいやだ、やめてよ、抜いてよ」

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

「もう許して、、どうしてこんなことするの?」
再度正常位でした後、ベッドの横で騎乗位に。覆いかぶらせ気味で顔が近い。
「だめ・・・やめて・・・」
そのまま僕が起き上がり、対面座位。
やめてとは言うものの、もう力が入っておらず、されるがままのまひろさん。

さらに、まひろさんをうつ伏せで押さえ込んで、寝バック。
横から顔を覗き込む姿勢で腰を振りますが、見え方が特殊だったので、一瞬画面がズレているのかと思いましたw
「お願い、、もう許して、やめて」
まひろさんの体をひっくり返し、正常位に。
覆いかぶさったり少し離れたり、途中チンコ抜いてまたすぐ挿れ直したり、動きが細かくてリアル。

「もう許して、、もう許して、、もう許して・・・」
顔射でフィニッシュ。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

僕のザーメンで汚れた顔を洗い、座り込んで泣くまひろさん。
我に返った様子の僕・・・。

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

感想・まとめ

本格的なレイプものを見るのは久しぶりでしたが、臨場感があり、良い作品でした。

最も良いと感じたのは、襲うまでの段階の踏み方。
序盤の彼氏とまひろさんのイチャイチャ。彼氏が寝て、2人になってからも彼氏のことを話すまひろさん。これは何ともやり切れない。
事あるごとにまひろさんのお尻を凝視したり、洗濯物からパンティ漁ったりして募るムラムラ。
そしてまひろさんが寝たところで体を触りますが、まだシャツの中を覗いたり、お尻を撫でている段階ではレイプまでしようとは思っていなかったんじゃないかと。
実際、袖の隙間から覗くぐらいは自分でもやりそう。。。w
ただ、まひろさんが起きてしまい、収まりがつかなくなり、完全にコントロールを失ってしまった感じ。
ここまでの展開が丁寧に作り込まれていたので、没入して見ることが出来ました。

そして、さっきまで仲良く飲んでいた「友達」を犯している感覚。まひろさんに「友達でしょ」と言われ、それを自覚して激しく興奮しました。いや、このシチュエーションすごい。

まひろさんの演技も迫真でした。
信じられないという気持ちがこもった「友達だよね」。
途中、放心したかと思えば、突然激しく叫んだり、錯乱している感じがすごくリアリティありました。

レイプシーンがノーカットというのも臨場感があって良かったです。
突然画面が切り替わって体位が変わっているということもなく、まひろさんを引っ張ったり、押さえたり、押し倒したり、しっかり動きがありました。
画面の動きに合わせて、自分も動くと、まさにそこで行為に及んでいる感覚。
また、視点(画面)が激しく動きますが、VR酔いは無し(酔いやすいのですが)。
追いかけ回したり、正常位で覆いかぶさったり離れたりを繰り返したり、動きが細かく、リアリティがありました。

シチュエーションが好みに合えば、絶対外さない作品だと思います。
オススメです!!

サンプル動画視聴・作品購入

アダルトフェスタVR

(Adult Festa VR) 衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

コメント