希咲アリス VR|おっぱい屋さんの押し売りに遭いJカップ美巨乳を堪能

巨乳
VR作品がセール中!!

『【VR】 99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス』のレビュー

こんな人にオススメ

  • 巨乳(爆乳)好き。
  • おっぱい揉みたい。柔らかさを感じたい。
  • 希咲アリスさん好き。

作品情報

配信開始日:2022/04/25
収録時間 :67分
出演者  :希咲アリス
監督   :キラキラ★キャラウェイ
シリーズ :—-
メーカー :SPICY VR
レーベル :SPICY VR
品番   :h_1609spivr00027

希咲アリスさんのVR作品レビュー

作品内容

突然僕の家を訪問してきた「おっぱい屋」の希咲アリスさん。
帰ってもらおうとしたら、強引に巨乳の押し売りを始めて・・・。
Jカップ爆乳を舐めて、揉んで、パイズリしてもらう。
様々な距離や角度から質感、柔らかさを感じられ、おっぱいを堪能出来る作品です。
ネタバレしたくない方は「感想・まとめ」へ
動画を見る>>【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

チャプター1 (30分44秒)

インターホンを何度も鳴らされ、玄関に行ってみると・・・
「こんにちは。アリスと申します。お時間よろしいですか?ほんの少しでいいんです」
ドアを開け、アリスさん登場。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

訪問販売に来たというアリスさん。
「その商品がこれなんです」

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

いきなりおっぱいを出す。
「どうですか?大きいでしょ?」
自分で揉んで、おっぱいをアピール
冒頭からエロい・・・。

「どうです?欲しくなってきませんか?」
・・・欲しい。

料金交渉を渋る僕に、実演販売をしてくれるという。
「失礼しますね」
座った僕の腰に跨るアリスさん。
顔が間近に。
僕の手をおっぱいに誘導して、揉ませてくれます。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

「どうです?マシュマロのような柔らかさじゃないですか?」
おっぱいまでの距離が近く、柔らかい揉み心地が伝わってくるような感覚。
自分で手を動かし、揉みくちゃにする僕。

「乳首をつまんでみてください」

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

指でコリコリ。
「あぁ・・・そうです・・・」
感じて声が出ちゃう。
「あん・・・イく・・・」

「如何ですか?」
と購入(?)を勧めるアリスさん。
「舐めてみないと分からない?」
調子に乗り始めた僕ですが、
「そうですよね」

と、おっぱいを顔に近づけてくれます。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

おっぱいの質感がすごい。
本当に顔をくっつけて舐めてる感覚。


「あぁ・・・気持ちいいです」
喘ぎ声が漏れる。
右→左と舐めて、2回イッちゃう。

「お悩みですね。ちょっとだけ中でお話できませんか?」
「ちょっとだけ。ねぇ、いいでしょ」



・・・寝室。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

「おっぱい屋の希咲アリスと申します」
名刺をもらい、ちゃんと「おっぱい連盟」に所属しているおっぱい屋だと説明を受けます。
おっぱい屋を騙る詐欺が多いらしい。
ナニソレ・・・。

「失礼します」
と、また腰に跨り、引き続き実演してくれます。
「キス・おっぱいコース」を体験できるみたい。

またおっぱいを出し(ブルンっと出てくるのがいい!)、乳首舐め→キスを交互に。
コレ、めちゃめちゃ興奮します
乳首舐めで感じて、またイッちゃうアリスさん。

「仰向けになってください」
アリスさんが僕の乳首を触り、近距離で見つめ合ってそのままキス。
僕のスボンとパンツを脱がし、シコシコしながら乳首を舐めてくれます。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

そしてフェラ。
画面が寄っていき、顔近め。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

正面じゃなくて横からしてくれるので、おっぱいも揉めるし、横からのフェラ顔もいい
竿を下から舐め上げ→先っちょチロチロ→咥える。

「もうビンビンじゃないですか」
服を脱いでパンツだけの格好になり、バッグから取り出したローションをおっぱいに塗る。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

「パイズリ、お好きですよね」

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

おっぱいに包まれる感じのパイズリ
すごい。

アリスさんが顔を寄せてきてキス。
近くで見つめ合いながらパイズリ。
「我慢しなくていいんですよ」
胸の中で発射。

「ベッドに行きましょ」

チャプター2 (18分07秒)

ベッドで仰向け。
「まだビンビンですね。スペシャルコースにしましょうか」
パンツを脱ぐアリスさん。生々しくていい。

正面からのフェラ。
画面が寄っていき、顔が近い。

アリスさんが動き、69の体勢でマンコを見せながらのフェラ。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

下側からのおっぱいの見え方もいい。
マンコを触ると、フェラしながら声が出ちゃう。
「あぁ・・・イキそう」

再び正面からのフェラ。
「いつイッてもいいですからね」と言われ、口内発射。
一旦手に出した精子を、口に戻してごっくん。

「こんな感じなんですけど、如何ですか?」
これでまだ無料お試し中とかw

VIPコースをしてくれたら・・・と条件を出す僕。何故かコースを熟知している。
「わかりました。おっぱい連盟には内緒にしてくださいね」

ゴムが無いからとナマで騎乗位挿入。
覆い被さってくれて、顔が近い。
天井特化アングルなので、頭上の空間が広く、顔もちゃんと見られます。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

アリスさんが上体を起こして、自分でおっぱいを揉みながらグラインド。
「大き過ぎて・・・もうイッちゃう」

チンコを抜いて、背面騎乗位で挿入。
お尻を打ち付けるように動かす。
お尻のボリューム感が良く、揉むと柔らかさが分かります。
「だめ・・・イッちゃう」
2度イッて、再び正面から挿入。

スパイダー騎乗位。
めちゃめちゃ顔が近い。
揺れるおっぱいもいいです。

唾を垂らしてくれますが、落ちる位置がちょっとズレてて残念。

「だめ・・・腰が止まらない・・・」
「出そうですか?わたしもイッちゃう」

中出し。

「え?今度は抱き合ってしたいんですか?」
「わかりました」

チャプター3 (18分17秒)

対面座位。
近くで見つめ合い、おっぱいを揉みます。
喘ぎ声が激しくなるアリスさん。

またイッちゃって、次は座ったままバック。
アリスさんが腰を動かします。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

目の前で揺れる大きなお尻がいい。
イッちゃって、今度は僕が動いて突くと、またイく。

再度対面座位。
動きながらのキスにめちゃめちゃ興奮
「気持ちいい・・・一緒にイキたい」
また中出し。

「きてください」
正常位。
顔から結合部まで、画面が切れることなく見られます。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

布団で嵩上げしてるので、顔近め。
揺れるおっぱいを揉む。
「もっと揉んでください」
揉みくちゃ。

アリスさんが何度もイく。

【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

「一緒にイキたい・・・イく・・・」
中出し。

「またいっぱい出したんですね」
「それじゃ、契約してくれますか?」

動画を見る>>【VR】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

感想・まとめ

「おっぱい屋」を名乗るだけあり、おっぱい三昧
アリスさんの形の良いJカップ爆乳を、距離や角度を変えて色々な見せ方をしてくれます。
特に乳首を舐めるシーンでは、本当にそこにおっぱいがあるかのような質感、密着感で、めちゃめちゃ興奮しました
また、(距離的に)おっぱいを触れる横からのフェラがあったり、おっぱいを揉む場面が多く、実際に触っているかのように柔らかさが伝わってくるのもすごく良いです。
他にも、おっぱい好きには堪らないシーンが盛り沢山です。

全体通して、顔が近め。
フェラのシーンでも、かなり顔(画面)を寄せている感じ。
スパイダー騎乗位で覆い被さってくるシーンも、アリスさんの感じてる顔をすごく近くで見られて良かったです。

おっぱいばかりじゃなく、お尻もボリュームがあってすごく良いです。
背面騎乗位とバックのシーンは、見せ方の良さ(揉んだ柔らかさ、ボリューム感)もあって興奮しました。

希咲アリスさんの作品をレビューするのは3回目(過去2回は、いずれも無記名作品)。
「おっぱい屋」のセールストークに辿々しさがあり、VRにまだ慣れていない感じは受けますが、セックスで激しく喘ぐエロさとのギャップは良いです。
そして何より、作品の根幹になる「おっぱい」を期待していた以上に堪能出来ました。
おっぱい好きの人にぜひ見ていただきたい作品です!!

作品購入・視聴

FANZA

アダルトフェスタVR

【4K匠】99cmJカップ おっぱい屋さんの押し売り訪問販売 希咲アリス

希咲アリスさん関連の記事

おすすめ作品

コメント

VR作品がセール中!!
アダルトVRファン