渚みつきVR/図書館でメガネ文学女子に痴女られ中出しSEX

FANZAでセール中!!

作品名 : 声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

こんな人にオススメ

  • 図書館で声を抑えて痴女られるシチュエーションに興奮する。
  • 見た目真面目そうなメガネ女子に痴女られてみたい。
  • 淫語を浴びせかけられながらのプレイに興奮する。

作品情報

配信開始日:2020/01/21
収録時間 :64分
出演者  :渚みつき
監督   :ーーーー
メーカー :ワンズファクトリー
レーベル :WANZ VR
品番   :wavr00089

作品内容

彼女と図書館に来た僕。
可愛くて、身体のラインもイイ彼女だ。
普通にイチャラブでもいいかも・・・。

本を探す彼女と話していると、何やら真面目そうなメガネ女子に注意されます。

「ここ、図書館ですよ。静かにしないとだめですよ」

注意して去っていくメガネ女子。
メガネ姿もカワイイ渚みつきさん。

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

見つけた本を読むという彼女と別れ、本を物色する僕。

ウロウロと怪しい動きをとるみつきさん。
(ほんとに怪しい・・・)

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

何やらメモ書きされた紙を、丸めてこちらに転がしてくるみつきさん。

拾って見ると、「静かにして。イイコトしてあげる」

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

怪しすぎて、リアルだったら絶対逃げ出しますが、ここは安全が保証されたVR。
みつきさん、やりたいようにやってくれ!

「うるさいから、お仕置き」とローターで乳首を攻められます。

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

声を出さないように言われますが、ローターの音の方がよっぽどうるさい・・・。

こちらの心の声が聞こえたのか、「この音はいいんだよ」とみつきさん。
いや、意味不明・・・。
ジャイアン並みの理不尽だ・・・。

そしてついに魔の手はチンコに。

「なんかすごく大きくもっこりしてる。もしかして、図書館で勃起しちゃってます?」

もうこの言葉に興奮する。
言葉で勃起する。

ローターがチンコに当てられます。

「静かに」と言われ、口を塞がれます。

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

VRで女性が口を塞ぐ場面は幾度となく見てきましたが、自分が塞がれるのは初めて。

突然通りがかった彼女から、上手く隠し、危機を乗り切って興奮したのか、みつきさんがローターを自分のパンツの中に入れるよう求めてきます。

そして、そのままパンツ越しに尻ズリをします。
みつきさんのお尻が綺麗です。

感じるみつきさん。
「すごいカタい」

尻ズリでイッちゃったみつきさん。

それでも勢いは衰えません。
「静かにしてたら、もっといいことしてあげるから」

僕のチンコを出させ、「すっごい太くてカタい。コーフンしちゃう」

本棚の隙間から、彼女の顔が見える状況で、手コキされます。


興奮するシチュエーション。
むしろ、彼女に見て欲しい・・・。
(そういう趣旨の作品ではない)

キスをして、顔を舐められながらの手コキ。
ゾクゾクします。

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

そして、直接尻ズリ。

「ほんとに大きい、あなたのおちんちん」
座らされ、腿や膝でチンコを弄られます。

「やっぱり、私のベロがいいかな」
フェラへ。

イキそうになり、身体に力が入ったのがバレます。

「もうイキそうになっちゃった?図書館なのにだめですよ」

再度フェラされ、結局口内発射。

「苦い。なに出してるんですか。図書館で暴発するなんて」
とことん責めてきます・・・。

ここまでがチャプター1。

チャプター2。
キスから始まります。

「もうコーフンして、ムラムラたまんない?」
「じゃあ早くやらないと」

「ゴムないね。このままやっちゃう」
「入れちゃうよ」

「おっきくて、オマ○コきゅうきゅう!!」
「彼女のオマ○コとどっちがキツい?」

なんだか言葉がエグくて興奮します。

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

「興奮しない?」
「みんなが勉強してる図書館で、私たちHしちゃってるんだよ」

「彼女のことは忘れて!今、私とHしてるんだよ」

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

「気持ちよすぎる!もう止まらない!」

「もっとしましょ。おしおき」

騎乗位で舐められます。

おっぱいも露わにしたみつきさん。


淫語責めも止まらず、興奮は最高潮に・・・!!

「ほら、出して!中に出して!」

中出しでフィニッシュ。

【VR】声を出したら絶対アウト!! カノジョがすぐそばにいるのに…静寂の図書館でメガネ文学少女に痴女られまくりVR 渚みつき

感想・まとめ

図書館という、Hなことをするには特殊な場所で、しかも自分から見えるに彼女がいるというシチュエーションは興奮を高めるには良い仕掛けでした。
このシチュエーションによって、みつきさんが耳元で淫語を囁いたり、小声で喘いだりと、耳から興奮させられました。

そして、「妄想がバクハツする文学女子」というキャラを上手く演じるみつきさん。
過去に見たみつきさんの作品はギャル系が多いのですが、今回は全くの別人。
静かに落ち着いて放つ淫語や、文学女子とのギャップが大きい痴女行為に、ドキドキ・ムラムラさせられました
(隠語は本当に多くて、次はいつどんなのが来るのか・・・と楽しみながら見られます)

図書館という日常空間で繰り広げられる、文学メガネ女子による痴女行為を味わってみてください!

作品購入・視聴

FANZA


▶渚みつきさんの関連記事

コメント