有坂深雪VR/娘を好き放題犯す近親相姦VR

FANZAでセール中!!

作品名 : 父に犯●れ続ける娘の近親相姦映像VR 有坂深雪

こんな人にオススメ

  • 実の娘の身体を弄び、SEXするシチュエーションに興奮する。
  • セーラー服が好き。
  • 華奢な身体を抱きたい。
  • SEX中にお漏らしさせて、そのまま挿れたい。

作品情報

配信開始日:2019/01/30
収録時間 :61分
出演者  :有坂深雪
監督   :ーーーー
メーカー :TMA
レーベル :TMAVR
品番   :55tmavr00061

作品内容

以前、エレベーターレイプものをレビューした有坂深雪さんの作品。

父娘家庭で、互いに求め合う父と娘がヤッちゃう近親相姦のお話。
タイトルには「父に○され続ける」とありますが、強引にどうのこうのというシチュエーションではありません。


冒頭、有坂深雪さん演じる娘の帰宅シーン。

セーラー服にドキドキします。

有坂深雪

帰宅が遅くなったことを父に詫びる深雪さん

しかし、問答無用にお尻を攻められます。
すぐに脱がされますが、白いパンツにも興奮。

有坂深雪

そしてマ○コ。

有坂深雪

執拗に指でかき回され、愛液が次から次へと溢れ出ます。

びしょびしょ。

有坂深雪

そして、マ○コの中から何やら出てきます。

有坂深雪

なんと、こんなものを入れたまま学校に行かされていたようです。
性のスパルタ教育・・・?


なおも攻められ続ける深雪さん。

有坂深雪


「恥ずかしいからやめて」とは言うものの、感じており、無抵抗。
そのままイッちゃったのかしゃがみこんでシーン終わり。

有坂深雪


シーン変わり、父娘で会話を交わしながら夕飯を食べる微笑ましい光景。

深雪さんは着替えて、セーラー服ではありません(ガッカリ・・・)が、腕と脚が露出され、体のラインがよく分かる軽装。

有坂深雪

会話もそこそこに、テーブルの上に座らせ、足を撫で回し、足コキさせます。

有坂深雪
【VR】父に犯●れ続ける娘の近親相姦映像VR 有坂深雪
有坂深雪

好き放題する父と、応じてあげる娘。。。

そして、正座させ、フェラをさせます。

【VR】父に犯●れ続ける娘の近親相姦映像VR 有坂深雪

最初こそイラマ気味ですが、すぐに深雪さんが自分で動き出し、最後は舌に発射。

有坂深雪


ここまでがチャプター1。


シーン変わり、部屋で勉強をしている深雪さん。
なぜかセーラー服に戻っています。
これは嬉しい。

有坂深雪


後ろから歩み寄る父。

勉強で分からないところがあるから教えて欲しい、と言う深雪さんを無視して胸を揉みます。
なんて父親だ・・・。

有坂深雪
有坂深雪


服をはだけさせ、おっぱいを直接触った後は、深雪さんを机に上がらせて、お尻とマ○コを攻めます。

有坂深雪

実際に映像を見ると、驚くぐらい狭いスペースに身体を縮こませてお尻を突き出しています。
すごい体勢です・・・。


そしてフェラ。

「お父さん、気持ちいいですか?」
もうやる気満々。

【VR】父に犯●れ続ける娘の近親相姦映像VR 有坂深雪
有坂深雪

「入れてください」
と深雪さん。

騎乗位で挿入。

【VR】父に犯●れ続ける娘の近親相姦映像VR 有坂深雪

対面座位になり、キス。

【VR】父に犯●れ続ける娘の近親相姦映像VR 有坂深雪

激しく感じる深雪さん。

チンコを引き抜くと、お漏らししてしまいます。
「お父さん、ごめんなさい」

有坂深雪


しかし、父は気にせず再度挿入。

【VR】父に犯●れ続ける娘の近親相姦映像VR 有坂深雪

びしょ濡れで水たまりのようになった布団の上で、グチョッグチョッと粘着質な音を立てながらのピストンはなかなかの迫力で、興奮度高いです。
この作品のハイライトと言えるシーン。


そのまま中出しでフィニッシュ。

【VR】父に犯●れ続ける娘の近親相姦映像VR 有坂深雪

感想・まとめ

セーラー服姿の有坂深雪さん。
どことなく大人びた(大人なので当たり前ですが)清楚な雰囲気で、ちょっとJKぽくないと感じましたが、そのギャップに興奮しました(セーラー服コス的な)

さらに深雪さんの、抱きしめたら壊れてしまいそうな華奢な身体。
キッチンのシーンでの腕と脚を露出した姿は、抱きしめたい衝動にかられます。

そして、一番見て欲しいのは、挿入中の深雪さんのお漏らしと、直後にびしょ濡れの布団の上で再度挿入するシーン
ピストンする度に発する、グショッ・グショッという音がリアルで興奮を高めます。

「父に○され続ける」というタイトルから連想する無理やり感はありませんが、「だめ」と言いながらも父を求め、激しく感じてしまう有坂深雪さんに、興奮すること間違いなしの一品です。

作品購入・視聴

FANZA

コメント