奏音かのんVR/JKをストーキングして、さらって監禁レイプ。媚薬を飲ませて性○隷に・・・

FANZAでセール中!!

こんな人にオススメ

  • ストーカー行為を疑似体験したい。
  • 身動きが取れない女性を犯すシチュエーションが好き。
  • JK制服好き。
  • 媚薬で女性のテンションが上がる展開がいい。

作品情報

『今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん』

配信開始日:2020/01/26
収録時間 :85分
出演者  :奏音かのん
メーカー  : ケイ・エム・プロデュース
レーベル :KMPVR
品番   :84kmvr00779

作品内容

今回はストーカーもの。
奏音かのんさん演じる女子高生のストーキングに興じる僕。

見ているだけでは我慢できず、さらって自室に監禁し、レイプしてしまうという話。
 
序盤、日常のストーキング行為から始まります。
遠目に見るだけでなく、跡をつけて自宅も特定。
 
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
 
このストーキングを繰り返すシーンが、ちょっと長いという気がします。

飛ばしてしまっても良いと思いますが、階段を上るかのんさんを下から見上げるシーンでは、堂々とパンチラを拝めるという特典もあります。
 
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
 
数回のストーキング行為の後、ついに凶行に出ます。

いつも通り、かのんさんを追跡。

自室の鍵を開けようとしているところを襲いかかり、クロロフォルム的なものを嗅がせて気絶させます。
 
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
 
そしてどうやって運んだのかわかりませんが、自室へ。
 
椅子に縛りつけ、身動きが取れないようにして、気絶したままのかのんさんをしばらく眺めたり、身体を触ったりするシーンですが、これも少し長め。

これからこの娘を自由に弄べるという期待と興奮を感じます。
 
意識が戻ったかのんさんに大きな声を出さないよう脅し、いよいよ事に及びます。
怯え、蚊の鳴くような声で嫌がるかのんさん

恐怖で心拍も上がっているのか、制服越しに胸が上下するのが分かります。
おっぱいを揉みくちゃにし、秘部を弄びます。

抵抗したいのに、身動きがとれない。怯えた小さな声で「いや」「やめて」と発することしかできず、されるがままになっていくかのんさん。興奮します!
 
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
 
途中、何度か液体をのまされるかのんさん。

これは媚薬だったようで、散々秘部を弄ばれる中で、最初嫌がっていたものが段々と気持ち良いリアクションに変わっていきます。
 
そのリアクションに満足してか、かのんさんの拘束を解きますが、逃げたり抵抗する様子は無く、むしろ積極的にチンコを咥えます。
 
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
 
そして本番。

怯えて小さな声で抵抗していたのが嘘のように、大きな声で「気持ちいい」「もっと」と悶えます。

そう。途中からは、全くレ○プではありません
 
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
 
さんざん喘ぎ、フィニッシュした後、我に帰ったかのんさんの怒りのセリフとともに、作品も終了。
 
【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん
 

感想・まとめ

かのんさんを盗撮した写真がベタベタ貼られた自室など、前半のストーキングから拘束して身体を弄ぶ場面までは、パッケージ通りかそれ以上の出来栄え。

身体を拘束され、見知らぬ男に弄ばれる恐怖と嫌悪感が表れたかのんさんの演技には興奮します。

後半は、ドラッグキメて普段より気持ちいいS○Xしました、といった内容で、レイプものとは言えない内容です
 
激しく嫌がり、抵抗する女性を無理やり○すタイプが好きな方にはお勧めできませんが、怯える様子を見ながら、ねっとりじっくりと身体を弄ぶシチュエーションが好きな方は、前半部分がハマるかもしれません。
 

(ADULT FESTA VR)【VR】今からこの女、監禁してレ●プします。 武蔵●市吉祥● 奏音かのん

 

コメント